サメ64 TOP


RSS2.0




JAWS The Revenge(ジョーズ'87 復讐篇)

JAWS4(ジョーズ4 復讐篇)

1987年 アメリカ公開
脚本: マイケル・デ・ガズマン
監督: ジョセフ・サージェント
キャスト: ロレイン・ゲイリー、マイケル・ケイン、ランス・ゲスト、カレン・ヤング、ジュディス・バーシ、ミッチェル・アンダーソン、
       マリオ・ヴァン・ピーブルズ、リン・ホイットフィールド、ほか
登場するサメ: ホオジロザメ





JAWS The Revenge 映画予告:

※以下本文中、ネタバレ必至です。
 これから映画をお楽しみになるつもりの方は閲覧ご遠慮下さい。

この「JAWS The Revenge(ジョーズ'87 復讐篇)」はジョーズシリーズの4作目の作品です。
DVDタイトルは「ジョーズ4 復讐篇」となっており、シリーズ通してのナンバリングがされています。
最初から「4」って名乗ればいいのにね ┐( -"-)┌
まぎらわしいったらありゃしない。

今回も主役はブロディ一家ですが、父マーティンはすでに心臓の病で亡くなったことになっています。
母エレンと、その息子マイクとショーンが出てきますが、
マイクとショーンは「3」から俳優が代わっており、まったく違うビジュアルに。
そもそもストーリーが「3」から全く繋がっていません。
完全に「3」をなかったことにしてます(笑)
あれは黒歴史扱いなのか(´Д`)

ストーリーはおおまかには以下のとおりです。

平和の戻ったアミティ市でエレンとその息子ショーンが暮らしていた。
しかし流木除去にいったショーンはサメに襲われてしまい、無残に命を落としてしまう。

弟の訃報を聞いた兄マイクは、精神的ショックを受けてしまったエレンの事を気にかけ、
自分がいま住んでいるバハマに来て一緒に住むようにエレンを誘う。
バハマの熱帯の海にはホオジロザメは生息していないため安全なのだ。

しかし、貝採集の仕事をしている最中のマイクの前になんとホオジロザメが現れ、その襲撃を受けてしまう。
さらにマイクの娘のテアまでもがサメによって危険な目にあってしまう。

エレンは、サメが復讐のために自分達を追ってきていると確信し、単身船で沖へと向かう。
それを知ったマイク、セスナ操縦士のホーギー、マイクの同僚ジェイクは、エレンを救うべくセスナでそれを追いかける。

サメに感電させる装置を飲み込ませ、その電流でひるんでいるところにエレンが舵を切った船のマストを突き刺し撃退。
ブロディ家とサメとの長い戦いに終止符を打つ。

エレン・ブロディ
エレン・ブロディ
(ロレイン・ゲイリー)
マイケル・ケイン
ホーギー
(マイケル・ケイン)
ランス・ゲストス
マイク・ブロディ
(ランス・ゲスト)
マリオ・ヴァン・ピーブルズ
ジェイク
(マリオ・ヴァン・ピーブルズ)

○映画そのものの感想
テイスト的には大ヒットした「1」に近いものがあると思います。
親子、夫婦、恋人それぞれの家族愛のようなものが重点的に描かれており、
「ただモンスターを倒すだけのホラー映画」とは違った仕上がりになっています。
かなりヒューマン色が強い作品。

それ以外のシーンも評価できる部分は多いです。
「1」からずっと出ていた弟ショーンが冒頭で惨殺されてしまうのはけっこう衝撃的。
沈没船の中でのマイクとサメの攻防は面白いし、
「1」で親子で動作をまねるシーンを今作でリフレインしているのにはちょっとホロリ。
マイクとジェイクがサメ調査に乗り出しているシーンも「1」の男3人衆のやりとりに近いものがあって、
映画として普通に楽しめます。
個人的にはジョーズシリーズでは「1」の次に評価できる作品かと。

ホオジロザメ ホオジロザメ
↑沈没船内でのサメとマイクの攻防(左)、 マストに立つジェイクに襲い掛かるサメ(右)


ただし、そのぶん残念なのはサメの出来栄えですね。
とにかく、とにかくショボイです。
なんかお肌がツヤツヤしてるし(笑)
以前までの作品のように実際のホオジロザメの映像を混ぜたりもしていないので、
どうしてもサメの動きが緩慢で、襲われているシーンの緊迫感に欠けます。

あとサメがブロディ一家のみをターゲットにしているため、
サメの犠牲者が極端に少ないのもこの作品の人気が低い理由のひとつでしょう。
パニックホラー的要素を求める人にとってはちょっと肩透かしです。

そしてラストシーンのダメダメさ。
マストで刺してなぜサメが爆発するのさ(笑)
しかもカット割りがぐちゃぐちゃしていて、何が起こったかよくわかんない感じで決着がついています。
サメの爆発カットが「1」の使いまわしだし。

マストが刺さっても爆発しないでそのまま海中にサメが消えていくバージョンも製作されていますが、
こっちは急造で作ったのか、サメが完全にデパート屋上の着ぐるみクオリティです。
名台詞「スマイル、ユー・サノバビッチ!」の回想とともにエレンが舵をきってマストをサメに突き刺すっていう、
それ自体はとても味があっていいと思うんですが、演出がこれ以上ないぐらいにヒド過ぎます。
シリーズ完結編のフィニッシュがこれって、そりゃないぜよ ヽ(´Д` lll)ノ

ホオジロザメ
↑マストでサメを突き刺す(ノー爆発バージョン)。ショボイ!


○登場するサメについて
主役となるサメはやはりホオジロザメ。
今作の個体は劇中でその大きさについて何も説明がありませんでしたが、
見た感じだと「1」と同じくらいの大きさですので8メートル級でしょうか。

今回のサメの一番のムチャクチャは、「サメがブロディ一家に復讐している」という点。
ブロディ家の人間が海に入ると、ホントすぐやってきます。
しかも本来ホオジロザメが住まないような熱帯の海にまで追いかけてくる始末。

サメがブロディ一家を的確に識別できる理由がわからないし、
そもそもマーティンは「1」でも「2」でもサメにきっちりトドメを刺しているので、
ブロディ家が仇相手であるということすらサメ側にはわからないはずですが。
なんで復讐にやってくるのがこんな月日が経ってからなのかってのも不明。
ツッコミどころが多い設定は、やっぱり話にのめり込むには大きな邪魔になっちゃいますね。








サメ64 TOPへ

(C)サメ64 ROSHI [] 2013 All Rights Reserved.